一夜明けたら

昨日の夜は、「天気が急変して雷や強い雨が降るかもしれない」なんて予報が出てたものだから、ベランダの鉢を全部部屋に待避させた。

ら、何のことはない、普段の夜と変わらなかった(笑)

オジギソウ

オジギソウ

小学生の頃、通学路のどこだったか、何年生だったか、まったく思い出せないんだけど、とにかく、このオジギソウが生えているところがあって、さわると葉を閉じるのが面白くて、ずっとさわっていた記憶がある。
不思議だったなぁ。
モンキーポッドはさわっても葉を閉じることはないんですが、夜には葉を閉じます。
で、オジギソウも夜は葉を閉じてます。
このオジギソウは、モンキーポッドの仲間であります。



オジギソウは植え替えされるのが嫌いらしく、一本だけ露地植からジフィーポッドに植え替えしたら、見事に葉を落として枯れてしまった f(^_^)
でも懲りずにもう一本を植え替えたら、いまのところ元気にしている。

それが上の写真。


でも、またやらかしちゃうかもしれないので、ポットに種を蒔くことにしたのであります。

で、最近ちょっと思ったことがあるので記録しておきます。

種をいきなり土に蒔いてもいつ芽を出すかわからないので、60℃くらいのお湯(種を浸けたときの温度がこれくらい。ずっとこの温度で浸けてたらさすがに茹で豆になるでしょうな)に一晩(丸一日)くらい。

浸けておく時間は、浸けた種の3割くらいがもとの大きさの倍くらいに膨らむまでが目安。

タッパー(鉢の受け皿でも何でも、水を少し溜めることができるものなら良い)の底に脱脂綿をひいてキッチンペーパーをおく。
その上に浸けておいた種を並べて、その上から脱脂綿をかぶせて、霧吹きで十分湿らせて種が芽を出すのを待つ。

窓際の直接は日の当たらないところで、とにかく水を切らさないようにする。

芽を出したら土に植える。

発芽タッパー

『発芽タッパー』とボクは呼んでいる?(笑)



そうそう蒔いても鉢が増えるだけだし、まぁ、露地に植えれば良いんだけど、母親もいろいろと育てているので、場所もないのでありまして・・・。
てなことで、多くても10~12、3粒というところでありましょうか。

3~4日ほど前に水に浸しておいたオジギソウの種をタッパーに移しかえて、昨日芽(根)を出した種をジフィーポッドに移しました。

オジギソウの種

芽(根)を出したオジギソウの種 2012.5.28



ジフィーポッドへの植え替えが結構手間がかかりまして・・・ f(^_^)
とりあえず、オジギソウのポットが5つ増えたわけであります。


で、一夜明けて、今日の朝タッパーの脱脂綿をめくってみると・・・。

・・・。

オジギソウの種

またまた芽(根)を出したオジギソウの種 2012.5.29



「全部芽を出しとるがな!」
それも相当に根が伸びておりまして、

「7つ全部か・・・」

「ポットのうちはエエけど、これで鉢になったら、お祭りやなくて暴動ではおまへんか」

てなことで、うち4つは母の育てているオジギソウのプランターにナイショで植えてやりました。

実は、そのプランターにはゴールデン・チェーン・ツリーの種も1個だけ植えてあって、もう芽を出しているのであります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=10460