劇的ビフォーアフター

「なんということでしょう」

『Ecce Homo』 Elias Garcia Martinez

『Ecce Homo』 Elias Garcia Martinez
オリジナル(左)/ 修復前(中)/ 修復後(右)

最近では、ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』の修復が話題になりましたし、モナ・リザの制作当時の色を再現したというニュースもありました。
それから日本では、高松塚古墳の壁画の修復も進められているようで、こういった復元、修復には、当然それなりの知識と技術と経験を持った人があたるというのが当然のことのように思うのでありますが、このキリストの絵は文化財などの指定を受けていなくて、修復するにもその費用が工面できずに、善意で修復してくれるというこのおばあちゃんにお願いをしたということなんでしょうか。
しかし、その経歴や実績は確認しなかったのかな?
そういえば、以前NHKでも大河ドラマの題字を素人(に近い?)が書いていたというのがニュースになったことがありますね。
このときは『経歴詐称』があったからだと記憶してますが。
まぁ、芸術なんてのは本人が良いと思って、そしてそれを認めてくれる人がいれば、良いっちゃ良いんですけど、今回はそんな話とは違いますからね。
見方を変えると、
「おばあちゃん、あっぱれ」
と言えないこともないような気もするんですが・・・ f(^_^)

「世界最悪」の修復キリスト画に集まる賛否両論の声 / AFP BBNews



何度も何度も繰り返しニュースで流れているので、ご存じの方ばかりだと思うんですけど・・・。

「ばあちゃん、やっちゃったねぇ、どうすんの?」
笑うに笑えない、というか、笑っちゃいけないんだろうけど、笑っちゃうのでありまして・・・ ^_^;

どういういきさつで、このおばあちゃんが修復をすることになったのかわかりませんが、ボクの理解できる範囲をはるかに超越しております。

「その根拠のない自信はどこからくるんだ?」
なんて冗談がありますが、いったい全体、だれがこのおばあちゃんの実力を確かめて、作品の修復を任せたんでしょうか。

勝手に触ってたら誰かが気がつきますモンねぇ。



なんということでしょう。

この記事へのコメント

  • わしもニュースで見たけどアナウンサーが吹き出してたね
    本当に
    なんということでしょう!!

    2012年8月25日 16:08 | 3人組の一人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=11875