イングランドはコーンウォールのB&B

やりたいことはたくさんあっても、やっぱり順序というものがあるようでして、で、いまは最優先課題を何とかしないといけないと、悪戦苦闘しているところであります。


んなこと言ってみても、他人様には関係のないことでございまして、
「一方通行で何が悪い?」



さてさて…。


Works / THE COBBLES (2006)
Works / THE COBBLES (2006)



時は2002年まで遡りまして、これはタイトルにもありますとおり、コーンウォールのセント・アイヴスという小さな港町にあるB&Bです。
2002年と言えば、サッカーのワールドカップが日韓共催でおこなわれた年でありました。

そんなイベントの真っ最中に日本を離れたものだから、英国の行く先々で、
「ワールドカップはどうしたんだ?」
と何度言われたことか…。

そして、英国ではエリザベス二世の戴冠50周年でもありました。

どこのパブへ行っても、時間になればみんな、
「ぎゃーぎゃー、わーわー」

イングランドが点を入れれば、静かな田舎町に地鳴りのように聞こえる歓声。

試合に勝てば、イングランドの旗を持って公園を駆け回る子供たちがいたり。

「英国というのは紳士淑女の国ではないのか?」
「聞くのと見るのとでは大違いだな」

「そいや、フーリガンの国だしな」

そんなことを思い出したのであります。

とにかく、ヒジョーに熱い心を持った人たちなのでありました。



旅の恥は掻き捨て、ならぬ、ネットブログの恥も掻き捨て、になるかならぬか。
むか~しウェブで公開していたそのころの旅日記も、ちょいちょいリライトして、ボクの作品たちと一緒に楽しんでいただけたらと思っているのであります。



あんまり時間がたちすぎて、どこにあるB&Bなのか心配になって、調べてみたらドアや窓枠の色が変わっていた。

THE COBBLES , Bed & Breakfast , St.Ives , Cornwall
http://www.thecobbles.co.uk/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=1245