もういくつ寝ると・・・

門松


さて、年末でありますが、
「まだ28日・・・」

先日作った門松を町内の神社に飾ってまいりました。

「はて、門松を飾るのは31日の夜かな?」
なんて思ってもおりましたが、これは間違いのようであります。

門松の設置は13日 – 28日が多く、クリスマスを避けて設置される場合もある。12月29日に飾るのは「二重苦」、さらに9の末日でもあるので「苦待つ」に通じるとされ、「苦松」といって忌む。また12月31日に飾るのは「一夜飾り」「一日飾り」といって神をおろそかにするということから、それぞれ避けることとされている。

7日までを「松の内」といい、お正月の松飾りをつけておく期間となり、 6日の夕方や翌7日に片づける場合が多い。しかし、地域によっては1月15日の小正月まで飾るなど、さまざまである。(左義長が行われる地域は、左義長で門松を焼くので、それに合わせて仕舞う。左義長は1月15日の小正月が多いが、地域や神社によって異なる)

門松 / Wikipedia


物質的に豊かになればなるほど、年々季節の感覚がなくなってきて、お正月にしても昔のように何日もかけて大掃除をして、年神様をお迎えする準備をして、しめやかに新年を迎えるということもなくなったように感じる昨今ではありますが、みなさま良いお年をお迎えくださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=13454