日本の白物家電

韓国や中国の製品に押されて – 個人的には『家電の100円ショップ化』なんて f(^_^)思ってるんだけど – 、高機能よりもまずは価格ってのが一般化してきて、我が家の家電購入も、カタログで検討するよりも家電量販店なりネットショップで『まず価格』なんてことになっていて・・・。

まぁ、こういうことも良くも悪くもデフレ経済の長期化による産物なのかな?


なんて小難しいことを言っておりますが・・・。


全自動洗濯機からものすごい音が出るようになって、最近の家電の耐用年数がどれくらいなのかわからないんだけど、
「修理するのも、新品買うのもたいして変わらないんじゃないか?」
実際に見積りをとったワケでもないのに、いきなりそんな結論に至ってしまい・・・ f(^_^)

ずう~っと音信不通になってしまっていた、古くからの知り合いの電気屋さんに行ってきた。

「どうしたのぉ?」
と、きっつぅい一撃。

ほら、そうだわな(笑)


まぁ、
「とにかく予算の範囲に収まる全自動洗濯機を」
ってことで、やってきたのがこの洗濯機。

とにかく音が静かで、何回かホントに動いてんだか確認しに近づいた(笑)

風呂の残り湯を汲み上げるためのモーターが組み込まれているらしく、冬の寒い時期の洗濯には助かりそう。
汲み上げ用のポンプを買おうかなんてことも考えていたんだけど、その必要がなくなった。
床が濡れるのを心配しながら、いちいちバケツで汲み上げてましたからなぁ・・・。


この十数年間のうちに、ある意味たしかに賢くなったとは思うんだけど、一方でただモノの値打ちを判断する基準が、ただ安いか高いかだけで決まってしまうようになってしまったような・・・。

「ちょっと高くても良いものを買おう」
なんてことを思っていた時代もありましたからなぁ。

「安かろう、悪かろう」という言葉を思い出したのであった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=14272