ルネ・マグリット

名前を知ったのは、 『トーマス・クラウン・アフェアー』 という映画。
この映画、スティーブ・マックイーン主演の 『華麗なる賭け』 のリメイク版であります。

主演は、ボクの好きな俳優の一人、ピアーズ・ブロスナン。
この役にピッタリはまってる気がするのでありますが…。
そして、相手役が、レネ・ルッソ。
これまたイイ。

なんて言ったら良いのか、大人の夢物語というのか、大人の童話?…うーん、ボキャブラリが少ないのがヒジョーに歯がゆいのでありますが、まぁ、そんな感じの映画であります(笑)

「これ、R指定なんじゃないの?」

なんて、思ったりもしますが、それに関係なく、ボクの好きな映画のうちのひとつであることは、間違いありません。

いろいろな意味で、
「大人のための映画なんじゃないかな?」
と思っているのであります。


いやぁ、またまた、やっちまったわぁ



で、ですね、


ルネ・マグリットと言うと、映画にも出てきたように、人を食ったと言いますか、一見ふざけたような — 言葉が悪いかな — 『だまし絵』 だとか、 「なんじゃ、これ?」
のイメージしかなかったのでありますが、これはボク的には、

「やばい」


作品であります。


ルネ・マグリット 『光の帝国』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=1452