サムシング・フォー

『母の指輪でプロポース』 ~英ウィリアムズ王子~

またまた新聞記事の中から…

英王室のウィリアムズ王子が、大学で知り合ったケイト・ミドルトンさんと婚約し、セント・ジェームズ宮殿で報道陣の取材に応じた。 云々…。


婚約指輪として贈った指輪は、父親のチャールズ皇太子が亡き母であるダイアナ元妃に贈った指輪だったそうです。

「エエ話や…」


Something Four

Something Old, Something New,
Something Borrowed, Something Blue,
And a Sixpence in Her Shoe.

ひとつ古いもの、ひとつ新しいもの、
ひとつ借りたもの、ひとつ青いもの、
そして(花嫁の)靴の中に6ペンスを

マザー・グースの中に、この歌があって欧米では結婚式の習慣になっているんだとか。
家族が使っていたものや、その家に伝わってきたものを花嫁に贈るワケでありますナ。


ボクが小さい頃に、
「娘が結婚するときには、親の着物を仕立て直して持たせたもんだ」
と亡くなったおばあちゃんから聞いたことがあります。

日本にもそんな文化があったんですが、もう着物なんて着ることありませんもんね(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=239