圧力鍋で豚バラ肉を料理する

関東ではうなぎの蒲焼きは一度蒸してから焼く。
でも、焼き物になっている。

ならば、一度焼いた豚肉を煮たらこれは、『焼き豚』と言っても許してもらえるのか?
やっぱり『煮豚』って言わないといけないのか?

そんなことを思ったので、タイトルは『圧力鍋で豚バラ肉を料理する』にしておいたのであります(笑)


さてさて、『圧力鍋でスパゲティを茹でてみました』『圧力鍋で玄米を炊く、そして食す』につづく圧力鍋を使っての第三弾であります。

今回は、ちょっと料理っぽいぞ



フライパンで焼く

500gの豚バラ肉を鍋に入るように二つに切り分けて凧糸で縛って、フライパンに油を多めにして強火で豪快に炒める。
油がまわりにはねて、あとから掃除するのが大変だった。
今回は下味付けませんでした。



圧力鍋で煮る

豚肉が浸る程度にだし汁をつくって火にかけるのであります。
前に一度つくったときには、だし汁は1/3くらいだったのですが、今回は煮込みたかったので「ちょっともったいないかな」と思いつつ、だし汁たっぷりであります。
火にかけて蓋をして、圧力がかかったら火を弱くして30分煮込む。
時間が来たら火を止めて圧が抜けるまで(20分くらい)待ったらできあがり。
だし汁に恐ろしく脂が出ていておどろいたのでありました。
ちなみにうちの鍋は4.5Lであります。



豚バラ肉

500g くらい

6カップ

タマネギ

2個

にんじん

1本

しょうゆ

350cc

砂糖

80g

130cc

加圧30分、余熱20分




完成

今回は70点…てとこであります。
焼き豚にしちゃ色が薄いもんね。実際、味も少し薄い。
これは最初に油で表を強めに焼いたので、中まで味が入らなかったからだと思います。ちょっと失敗。
脂身は大の苦手。
たくさんのだし汁で煮込んで脂を抜いたので、脂身は気にしなくて食べられます。
コレはGoodでした。
冷蔵庫で保存してラーメン用の焼き豚に。あとはレンジでチンしてつまみになります。



豚バラだけじゃなくて、もも肉でもやってみたかったりするのでありますが、またそのうちに。
ちょっと下味を付ける工夫を考えないといけません。
今度は一晩だし汁につけてから、焼いてみようと思っているのであった。


続編にご期待あれ(笑)

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=2444