昨日の新聞から

日本という国は、つくづくおかしな国だと思う。


一体全体、誰のために省庁があり、細かい規則があるのかと言うことであります。

ボクも含め、おそらく多くの国民が、
「なんかおかしいぞ、この国」
と思っていたのが、いよいよ、
「その正体を現したか」
となってきたと感じる、昨今であります。


で、この新聞記事であります。


日経新聞 2011.5.24

細かい規制や規則のおかげで、もっと早くボクたちのところにやってきているはずの、安全で使いやすく価格が安い製品は届かず、企業は競争力を削がれたおかげで所得は上がらずでは、何のためにあるのかわからないではないか。
原発事故ではっきりしたように、そういったワケのわからないものが国民不在のままに、作られて膨れあがってきたような気がするのでありまして…。
その挙げ句、尻ぬぐいさせられるのは一体誰だ?というハナシであります。



国に言わせれば、
「国民の生命・財産・生活を守るために、わたくしたちは、これだけ細かい規則を作って、管理・監督しているのであります」
と言うことになるのでありましょう。

「なにをおっしゃるウサギさん」
であります。

そういった役人たちには都合の良い、重箱の隅をつつくような規則のおかげで、どれだけ安心していられるのか、守られていると言えるのか、いまのボクにはどうにもさっぱり、まるで理解ができないのであります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=4600