『明王山からの景色に★★★です』のおぼえがき

おまけというか、時間も体力的にも余裕があった?ので、『各務原アルプスハイキングコース』を下りてみたのでありますが、これにはガッカリ f(^_^)
南の尾根の途中から各務原の『うぬまの森』というところまで下りていくのですが、長い距離と時間をかけて、途中特別見晴らしの良いところがあるわけでもなく、鬼のような登り(南尾根からは急な下り)はあるし、苦労した割にはそのご褒美はまったく期待できないので、
「このコースは -(マイナス)★★★ですっ!」(笑)

『うぬまの森』というのは、各務原市の鵜沼台の奥にある緑苑団地に隣接している公園のようで、ここからスタートして明王山に行く方もみえるみたいですが、近くに住んでいるのでなければあえてココをスタートして明王山に登るのは、
「やめた方が良い」
と、個人的には思いましたので、ご参考までに。

ちなみに、この公園内にある『ふるさと眺望の丘』からはきれいな夜景が見られるそうであります。
それから、この『うぬまの森』のほかに『各務野自然遺産の森』というところがあるらしく、ここからも明王山へ登ることができるということなのでまた時間のあるときに行ってみたいと思っているのですが、ボクの住んでいる木曽川を挟んでお向かいの犬山市に比べると、こういった施設というのはとても整備されているという印象であります。
と、ちょっとフォーローを入れとこう。
日本ラインうぬまの森▼ふるさと眺望の丘 / ET’s Photo Gallery
各務野自然遺産の森 / 各務原市



2012.5.12 の登山コース

2012.5.12 の登山コース

赤いのは前回(5月2日のコース)、それに今回は緑のコースが加わりましたが『各務原アルプスハイキングコース』(『ハイキングコース分岐』から『うぬまの森』の往復)は、残念コース。
「別のルートから明王山に登りたいなら、ほかのコースを探すべきでしょうなぁ」 f(^_^)



で、一部、てか、ずいぶんカブっていまいますが・・・。

① ちょっと一段が高すぎないかい?の階段



② 急な岩場の登り
はじめての時には、
「いきなりこんな急なところ、登るんかいっ!」
と、登山ルートが違うんじゃないかと思いながら登ったのを思い出す。



③ 赤と白の巨大鉄塔
登山道は鉄塔の真下。



④ 2つめの鉄塔
登山道はこの脇をとおっております。
何処にでもある、地味な鉄塔です(笑)


⑤ 三角点



⑥ 最後のキツイ登りの上にある木製ベンチ



⑦ 北尾根コースの終点・舗装路と合流



⑦ 北尾根コースの終点・舗装路と合流 その2
舗装路へ出て左を見ると、『アルプスハイキングコース』の案内標識。
『アルプスハイキングコース』の案内標識の向こうの『く』の字の道が明王山の展望台に上がる道。



⑧ 展望台への階段
上がるとまた舗装路と合流するので、その左にある急な木の階段を登っていく。



明王山山頂
左を見ると南尾根の先端に猿啄城が見えるので、その方向に下りる。



各務原アルプスハイキングコースとの分岐
『各務原アルプスハイキングコース』へは中央右奥へ下りていく。
細くて急なつづら折れの道。
もしも歩くなら足元要注意。



⑨ 鉄塔
ここも登山道は鉄塔の真下。
ここまでくると、まだ見えないものの、
「猿啄城も近くなったな」
という感じ



南尾根からの猿啄城
『猿啄城』が見えるたびに、下に見えたり上に見えたりするのがおもしろい。



南尾根からの猿啄城 その2



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=10291