ゴールデン・チェーン・ツリー

『キバナフジ』とか『キングサリ』ともいうらしい。
ヨーロッパでは、さほどめずらしい花ではないようであります。

耐寒性があるということで、ひとつくらいは神経質にならずに冬を越せるのがあったらいいなということで、育てはじめたのであります。


2012.6.2
ジフィーポットに種を蒔いた。



2012.8.13
芽を出したものは、ひとつも枯れることなく育っている。
が、成長の度合いが極端にちがう。
一番育っているこの鉢は15cm。
低いのは5cmにもなっていない。




このゴールデン・チェリー・ツリー、高温多湿は苦手と、この点はボクも共感できるのでありますが、排水の良い土壌を好むくせに、夏の乾燥は嫌いという、
「なんちゅうわがままな・・・」(笑)

藤のような花を付けるそうですが、藤の仲間ではなくてマメ科の植物なんだとか。
種には毒があるようで、中毒症状まで起こしてしまうというから、ちょっと困りものであります。

これでは、小さな子供とか、ペットを飼っていたら育てられませんなぁ f(^_^)
なんか書いてるうちに苛ついてきた(笑)

キングサリ / 花と木の育て方 元気に生長させる栽培のコツ!


ジフィーポットをそのまま鉢に入れたので – ジフィーポットはそういうためのものなんだけど – 、ちょっと水はけが悪いのかもしれないので、成長の遅い鉢は一度掘り返して『カスカス』の水はけの良い土に変えてやろうかと思っているところであります。

ベンガル菩提樹と同じように、個人的には、いまのところ面白くも何ともない植物であります。

だから記事を残す気にもなれないのであった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=10524