なんとまぁ、映画の中だけのハナシではないような

映画に出てくるようなハナシで、ちょっと背筋が寒くなってしまったのでありまして・・・。

日経新聞 2012.6.17

日経新聞 2012.6.17

ウィルスにあやつられる・・・。
SF映画のようなことが現実に存在するようであります。
「ゾゾッ」



「最近繰り返される悲惨な事件を見聞きするにつけ、人間にもおかしなウィルスが感染してるんじゃないだろうか」
なんて、フツーの人に話したら、
「いよいよ妄想がひどくなりましたな、アナタ」
なんて言われてしまうそうでありますが(笑)

真面目なハナシ、ウィルスではないにしろ今の世の中、ボクが子供の頃と思ったらオソロシイ量の電波や電磁波が飛び交っているはずでありまして、家の中や道路を走る電線や通信線、パソコンのモニターやら、家電やら、人体に影響があるとは言われていないものの、そういったものに色が付いていたら、目に見える景色はそれは気持ちの悪いものになるだろうと思うのであります。

『便利』や『快適』という言葉と引き替えに、人間が人間らしく生きていける環境が目に見えない何かによって蝕まれている、そんなことを感じた新聞記事でありました f(^_^)

この記事へのコメント

  • 自然界にも、まだまだ知らないことがいっぱいです。
    興味をもたなきゃ、コワイ思いもしなくて済むってことですかね。
    「メディアが一番怖かったりする」
    なんてことを思ってみたり(笑)

    2013年4月19日 10:53 | うみやまだ

  • 凄いはなしですね。これが人に感染したら!と思って読んでいたら既にワクチンとして利用されているとわ。シェアさせて下さい

    2013年4月16日 14:15 | エツコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=10657