バオバブの摘芯

背が高くなってくれば、当然のように風をうけて鉢ごと倒れるか、それとも植え替えした鉢のように傾いて育っちゃうか。

自生しているバオバブは20m以上にもなるって言うから、そのままにしておいたら、どんどん上に伸びていくだけで、
「これがバオバブ?」
なんてことに・・・。

それに暑いところで育っている木だから、冬には室内に入れてやらないと枯れてしまうに違いないので、そうそう高く育ってもらっても困るのであります。

て、ことで『バオバブ王国』の『剪定・仕立て方法』を参考に摘芯してみることにしました。
バオバブの剪定・仕立て方法 / バオバブ王国

「播種後2年目の苗ってことだけど、良いのかな?」
なんてことを思いながら、
「このまま伸びたら今年の冬の部屋の中はジャングルだゼ」
と、意を決して実行であります。

さすがに全部を摘芯というワケにもいかないので、様子を見ながら、まずは成長の早いものからということで。


バオバブ
先月植え替えたうちの一鉢。
植え替えしてから成長のスピードが上がったような気もする。
摘芯前の背の高さは50cmくらい。


バオバブ
ドキドキしながら(笑)ハサミを入れた。
摘芯後の背の高さは、ちょうど25cm。


バオバブ
摘芯するだけではいけないようで、葉も摘んでしまうんだとか(『葉刈り』というらしい)。
葉の柄を残すようにするのがポイント。
葉の付け根からは、もう新しい芽がいくつか出ている。



さて、どう育つのかな?

「でもなぁ、盆栽作りなんてやったことないんだよなぁ」f(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=11416