バオバブの植え替えで根が折れる

「いやぁ、やっちまったわぁ」

ただひとつ、陶器製の四角鉢で育っていたバオバブを植え替える。
これはヒジョーに勇気が要ります。
どうしてかっていうと、かんたんに苗が鉢からはずせない。

これはわかってたんですが、あまりに成長が早かったもんだから、ついつい先延ばしみたいになっていて、最近になってやっと他の鉢も追いついてきて、摘芯したのもあるので、
「まぁ、枯れたら枯れたでしかたないよね」
と、やっと気分的に楽になれたとはいうものの、
「しかし、これ絶対鉢の中で根がエライことになってるよな」

・・・。

なっておりました。


だれがどう見たって、これは簡単にはいかない。
仕方がないので、竹串で鉢にくっついている外側から、土をほじり出すんだけど、次から次から細い根が出てくるだけで、ちっとも外れそうな気がしない。

「バオバブをこういう鉢に植えてはだめです」(*_*)



まわりの土だけじゃなくて、ついに茎に近いところの土までほじくりかえす。
巨大化した根が顔を出す。

「バオバブの種をこういう鉢に蒔いてはだめです」(*_*)




普通の鉢のようにお尻がすぼんでいるなら、ひっくり返してお尻をポンポンと叩いてやれば、たいていは土ごと出てきてくれるのですが、この陶器鉢はそんなわけにはいきません。
挙げ句にそこに開いている穴が1cmくらいしかないので、指をいれて押し出すわけにもいかず、竹串で周囲の土をほじるのですが、ほじってもほじってもビクともしない。

ある程度土をほじくり出して、もうここらで良いだろうと、
「えぇい」
と茎をもって引っ張ったら、
「ぽきっ」
と鈍い音を残して、抜けてきた。


なんとか鉢から出てきた。
四角ってます。
鉢の底にひいてあった網がまたも根をヘッドロック(右)。
そして、その網をかいくぐった根が一本(左)。
見た目は、ところどころに白く細い枝根が取れたしまったところが見えるだけなんだけど、やっぱりそんなに簡単じゃなかった。
右の網の間から伸びた根が、みごとに折れていた。

「バオバブを育てるときに鉢の底に網をひくのは良くありません」(*_*)



・・・。

「お、折れちゃった」



網がなかったら根の大きさはこんなモノじゃないってことなんだろう。
すごいなバオバブって。
それにしても、ぱきぽき折れて取れてしまった根の白い跡が痛々しい。
やはりある程度のところで摘心してやらないと、間違いなく鉢がひっくりかえることになる。



植え替え後のバオバブ。
さすがにお疲れ気味。
いつもなら、そのまま外に出しておくんだけど、
「根っこも折れちゃってるし、これだけ葉が大きいんじゃ、相当なストレスだろう」
てことで、ただいま特別に、直接陽のあたらない室内の窓際で療養中。
ただいま、38cm。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=11716