汗だくで鳩吹山の巻

三人組のKくんとのお約束。

「台風も近づいてるし、山登りは無理だろうなぁ」
なんて、思っていたら、アナタ・・・。

朝から思いっきり晴れてしまって・・・。

朝起きて外に出たときには涼しかったので、
「こりゃ、意外と気持ちよく登れちゃったりするかもよ」

なぁ~んて、ワケないだろっ!


本日のメインはコチラ。
カタクリ登山口の駐車場のすぐそばにある、湯の華アイランド。
こんなところに天然温泉があるとは知らなんだ。
景色も良くてリラックスできます。
営業時間の関係で、仮眠所で夜を明かすのは無理。
そういうところからすると、『スーパー銭湯』ということになるのでありましょうか。
料金システムがイマイチよくわからんのであります f(^_^)



8:30AM頃、真禅寺口から登りはじめて、大天神休憩舎から東を展望。
もうこの時点で汗だく。
日陰はまだ気温が上がっていなくて涼しいのだけれど、日向は湿度と陽射しでもう大変。
見える景色も、空気中の水蒸気で余計に暑さが増す感じ(笑)



ここ何日かの夕立のせいなのか、いつもよりも水量が多かった北回りルートの沢。
というより、沢まで下りる登山道が水浸し f(^_^)
いつもは細い沢なんだけど、今日はちょっとした渓流になっておりました。
「大昔の旅人の気持ちがわかる気がするなぁ」
なんて、冷たい水で顔を洗ってすこし生き返った気分になるんだけど、ここからまたキツイ登りで汗だくであります。



不思議に思ってるんですけど、ここに石仏があるのは、きっと何か意味があるんでしょうなぁ。
「暑い、暑い」
と連呼しながら登っているのをどう思っているのでありましょうか。
この石仏、暑くても寒くても、風が吹いても、雪が降っても、ずっとここで座禅を組んでいると思うと、何かを語りかけているようでもあり・・・。
不思議な気分になったのでありました。



まぁ、日中の最高気温が25℃くらいにならないと、ワタクシには昼間の山登りは、きびし~、気がしますねぇ f(^_^)

良い汗がかけるんですけどね・・・。

でも、みなさん登ってみえるんです。
すごいですねぇ。

本日は、真禅寺口から登って、北回りルート、西山山頂はショートカットして、西山口へ下りるコース。


久しぶりの山登りで、明日の朝が心配なのであった。

この記事へのコメント

  • 1960年代ですかね?
    鳩吹山に人が登るようになってどれくらいになるんだろう。
    ボクが登りに行くようになったのは、山火事があって2~3年たった頃だと思う。
    まだまだ焼け跡が残ってて、それで見晴らしも良かったんです。
    いまの鳩吹山は、ちょっとした観光地みたいになってる(笑)

    そういえば、あの山火事のときに、ボクは可児の焼き肉屋におりました。
    現在は立派なお店になっております。

    2012年9月17日 16:10 | うみやまだ

  • >大天神休憩舎から東を展望

    写真の景色で思い出したぞ
    バイク仲間のK瀬さんとトレッキングバイクで鳩吹山ルートをよく走った時期がある
    五万分の一の地図を持ってけもの道を走るんだ。
    桃太郎神社の途中から可児へ抜ける山道の途中の峠から鳩吹山へ登り、尾根づたいに走り、大天神休憩舎で一服・・・・

    でも、その先は・・・ロープ使用して難儀して下山した覚えが・・

    いつかブログに書きます。

    2012年9月17日 08:30 | たくじい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=12351