Pack Header Not Found に Optimal L1 Data Zone Start LBA : None Found!

レンタルしたDVDをリッピング – ダビングといいたいところだけど、ウチにはレコーダーございませんで・・・ – して、DVDに焼いてプレーヤーで見ようと思ったら、
「れれっ?映像が・・・」
モザイクになったり、真っ黒になったり、静止画になったりで、メニューも出なけりゃ、チャプターも進まない。

TRUE GRIT

TRUE GRIT
オフィシャルサイト

このDVDのリッピングでトラブった。
この映画、『勇気ある追跡』のリメイクなんだとか。
これ、良いデス。
「そういえば、グレン・キャンベルが出てたんだよなぁ」
グレン・キャンベルなんていったって、いまの若い人にはわからない(笑)
コカ・コーラのCMで流れた『カミング・ホーム』とか、『ラインストーン・カウボーイ』とか、歌ってたひとです。
これも、良いデス。


「おっかしいな、どっかで間違えたかな?」
元のDVDを再生してみると、これは問題なく見ることが出来る。

まぁ、これは当たり前のことなんだけど。


「さてさて、このまま返却してしまうというのもなんだし・・・」
というわけで、ひさびさの原因探しになったのでありました。

さて、リッピングしたファイルはどうなっているかということで、DVD Decrypterというフリーソフトで作られた.isoファイルを、これまたフリーソフトのDAEMON TOOLS Liteでマウントして再生してみると、
「こりゃ、おんなじだねぇ」
案の定、リッピングしたときにすでに映像がおかしくなっておりました。

「いつもより、やたらと時間がかかるからおかしいとは思ってたんだけどなぁ」

ドライブの読み込み速度がいつもよりも極端に遅いので、ドライブがもう壊れたのかと思った (^_^;


いままでに何枚もDVDに焼いてきて、こんなことは一度もなかったんですケド。

仕方がないので、もう一度リッピングし直してみると、DVD Decrypterのログの中に『Pack Header Not Found』というエラーメッセージが出ているのであります。

でも、ひととおりリッピングは終わるので、できあがったファイルを見てみると、やっぱりおかしい。

「こんなんじゃ、DVDに焼けないじゃないか!!!」

「.iso形式がダメなのかもしれない・・・」
で、FILEモードでリッピングしてみたら。

できあがったファイルの合計が、
な、な、なんと、53.6GB ですとぉ?!

「DVDに入ってるサイズなんて、せいぜい8GBくらいのもんだろ?」
「ブルーレイの片面2層でも50GBだってのに、どう考えたっておかしいでしょ~が!」

でも、そうなんだから仕方がない(笑)

ファイルサイズ

リッピングして、フォルダにコピーされたファイルの合計は、おどろきの53.6GB。
常識的に考えて、こんなことは絶対におかしいんだけど。


ファイルサイズ

じゃあ、これが収まっているDVDの容量はどれだけかっていうと、これが、6.03GB。
「まぁ、そんなもんだろうなぁ」
「てか、そうすっと圧縮されてるんだっけ?」
ワケがわからなくなります(笑)


ファイルサイズ

「そいじゃさ、このDVDに収まってるファイルってのはどれだけの大きさがあるんだ?」
「へっ?53.6GB?」
「DVDの容量は6.03GBで、その中に収まってるファイルの合計が53.6GBって、どゆこと?」
・・・。
「そういうもんなの?」
ますますワケがわからなくなります(笑)


このまま終わってしまったんでは、どうにも納得が出来ないので、

ファイルサイズ

『2012』という映画のDVDを調べてみた。
DVDの容量は、6.65GB。
で、これでファイルの大きさが、アホみたいに大きければ(笑)、ひとまず、納得できるってことで・・・。


ファイルサイズ

「な・ワ・ケ・な・い・だろっ!」
当然、容量は同じなわけでありまして。


データの管理というのが、どのようにおこなわれているのかボクにはまったくわかりませんが、リッピングに失敗した原因はこのデータサイズの違い、ということなのかもしれません。


ちなみに、リッピングをDVD Decrypterではなくて、DVDFab HD Decrypterというフリーソフトで試してみたら、うまくいってしまいました f(^_^)


ただ、これでできた.isoファイルをImg Burnで焼こうとすると、またまたエラーが出まして・・・ (^_^;

「どうすりゃ良いんじゃいっ!?」(笑)

Img Burn エラーメッセージ

『Optimal L1 Data Zone Start LBA : None Found!』
またまたエラーメッセージが出た。
「なんだこの最後の『!』は」
「もいや!」(笑)
「えぇい、DVD一枚くれてやるっ」
で、処理を続けたら、なんのことはない、ちゃんとDVDに焼けてしまったから、
「あら不思議」


Img Burn ログ

こんなログが出てくる。
赤ペケマークっていったら、普通はアウトってことなんだろうけど、うまく焼けちゃう。
おそらくデータの『数字』がおかしいだけで、収まっているデータ自体はおかしくないのでイケちゃうんだろうと、勝手に理解しているのであります。



どなたか、この謎解きを教えてくださいまし。

[参考サイト]

BackupStreet.com
この記事で出てきた、DVD Decrypter、DVDFab HD Decrypter、Img Burnなどの使い方、動画の編集etc. 素人のボクにもわかりやすく解説されていますので、ご参考まで。


この記事へのコメント

  • ご教示ありがとうございました。
    これもコピーガードの一種なんですね。
    勉強になりました。

    しばらくDVD見てないんですよね。
    見たいのいっぱいあるのに、ちょっと寂しいです。

    2015年11月8日 18:25 | うみやまだ

  • 今更ながら容量肥大化の原因と書き込みエラーについて回答を

    まずは肥大化の方から
    詳しいサイトが有ったので此方を御覧下さい
    私が説明するよりわかりやすいかと
    http://www.winxdvd.com/blog/best-dvd-ripper-to-youryou-software.htm

    次にImgburnでのエラーについて
    これ結構出るエラーなんで気にしなくて良いんですが
    (オーバーバーンしてるDVDは別の話、此処では単純な2層での話)
    エラー内容を簡単に訳すと
    「2層目の開始地点が分かんないんだけど、このまま書いちゃって大丈夫?」
    ってエラーです
    2層のDVD(+でも-でも好きにして)を入れてるなら構わずokをポチッと
    Roxioならエラー出ませんって情報もあるけど
    エラーの有無にかかわらず、再生が正常に出来るならどちらで焼いても変わらないよねっていう

    2015年10月10日 19:29 | Non Name

  • [...] Pack Header Not Found に Optimal L1 Data Zone Start LBA : None Found! [...]

    2013年1月2日 18:55 | DVDリッピングでコケる | Owl's House Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=12865