馬籠

馬籠宿・馬籠茶屋  馬籠宿・馬籠茶屋


こんなに急坂だったっけ。
こんなに狭い道だったっけ。

もう20年以上前の記憶なんか、あてになるもんか。

月曜日だというのに、すごいひとなのであります。
でもそれだけ魅力があるということだと思います。

どこの国のどんな街でもそうですが、文化的に貴重なものを一般に公開する。
それが観光収入をもたらしてくれるとは言っても、そこで暮らしている皆さんには、相当なストレスがあるはずです。

商店なら営業時間、定休日があるけど、ここには一年365日、24時間、ボクのような余所者が徘徊しにやってくるのであります。

魅力のあるものを創り育てて行くのには大変な苦労があるのです。

感謝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=217