世界最大プラネタリウム、開館初日の投影中止

名古屋市は18日、19日に開館する同市科学館新館のプラネタリウムの投影機が故障したため、19日の投影を中止すると発表した。18日夜に故障状況を再検証し、軽微な故障なら20日にも投影は可能になるという。新館は予定通り19日午前9時半に開館し、プラネタリウム以外の展示は見ることができる。

同館のプラネタリウムのドームは直径35メートルで世界最大。投影機はドイツ製の最新鋭のもので、より本物に近い星空を再現できることが目玉だった。

18日夕に記者会見した同館担当者によると、投影機は17日午後10時半ごろに故障が発生して恒星が投影できなくなり、電源系の分電盤から薄煙や異臭が発生したという。18日正午には投影機に32カ所ある絞りが開閉しなくなった。

2011/3/18 18:52 情報元 日本経済新聞 電子版



煙が出ちゃうのはまずいよね。
リハーサルしてたんじゃないのかな?

予定通り投影されていれば、『スーパームーン』がテーマになっていたんだろうな。

Super Moon

期待して見に行った人は、残念。


ボクは自宅で本物を見ました。
そんなに違いは感じなかったけど(笑)

スマホより少ない画素の古いデジカメで「撮ったどぉ~」(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=2357