その名は『キチントさん』

『Ziploc(ジップロック)』だと思っていて探したけど見つからなかった。


知らないうちに使っていたので、どこのメーカーのどんな製品なのか全然わからず、どうも近くのドラッグストアで購入したみたいだけれど、そこにももう並んでいなかったのであります。
どこかにないかと、スーパーなども見てみましたが、ジップロックはおいてありますが、どうも同じものはないようでありまして。

ちなみに『Ziploc(ジップロック)』は、旭化成の登録商標であります。



冷凍庫から出して、そのままレンジに入れて温めてたら、

ぼんっ!

て音で飛び上がった経験があるのは、ボクだけではないはずでありまして…。

だから、レンジに入れるときにはフタをハズして、ちょっとずらして温めないといけないのであります。



ご飯一膳用の冷凍容器

蒸気抜きのフタが付いているのがポイント



「これだったら、うまい具合に温まるんだけどなぁ」

このコンテナはちょうどご飯一膳分が入って、そのうえ蒸気抜きのフタが付いているので、レンジに入れる前にこのフタを開けてやれば、うまい具合に蒸気が抜けてくれるのであります。

5つで1セットだったのですが、力を入れてフタをしようとしたら、
「バキッ」
と音がして、入れ物の方が割れてしまって、いつも3合炊いて茶碗5杯分を冷凍するのに、コンテナが3つになってしまい、残りは四角のコンテナを渋々使っていたのでありますが、四角のコンテナで温めた玄米ご飯は、どうも隅っこの方がかたくなってしまうようで…。

普通のご飯だったらそれほど気にならないと思うのでありますが、玄米ご飯の場合は、ただでさえ歯ごたえがあるもんですから、油断するとなかなか飲み込めなくなってしまうのであります。

まぁ、そんなことで、
「こうなったらネットで探すしかないな」
ってことで、『ジップロック』ではじまり『コンテナ』『冷凍』『ご飯』etc.


たどりついたのが、どこかのショップサイトで、
「おぉ、これだわ!」


作っていたのは、『クレラップ』で有名な『KUREHA(クレハ)』。
むかぁしは、『呉羽化学』といっておりました。
旭化成の『サランラップ』 VS 呉羽化学の『クレラップ』って、イメージでありました。

で、今回は、

旭化成の『ジップロック』 VS 呉羽化学の『キチントさん』

てところでありますか。

キチントさんはKUREHAのキッチン用品ブランドのようです。



キチントさん ごはん冷凍保存容器

商品名は『ごはん冷凍保存容器』って、地味(笑)


さすがに『ジップロック』に対して名前は地味でありますが、『どんぶり用』とか、『おにぎり用』なんてのまでありまして、使い勝手では『キチントさん』組に軍配ってトコロであります。

キチントさん組は、こちら(笑)

キチントさん http://kurelife.jp/products/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=4347