『市民科学者として生きる』

煩悩が多くて、なかなか読み切れなかったのでありました。


いろいろな原発事故や、過去の原子力に関する情報に触れるにつけ、
「あっちのものを、こっちに持ってきました」
で、ブツブツ言ってるだけじゃ、ちょっと無責任じゃないかということでありまして。


著者は、『反原発運動』に大きな影響を与えてきた科学者でありますので、当然その内容もそっちの方向であります。
個人的には『反』、『非』とかが付くと、『極端』、『過激』、『カルト』のような言葉がつい浮かんでしまって、自分が『洗脳』されてしまいそうで、なんとなく違和感があったのでありますが、このところの大騒ぎでいろいろと見聞きしたな身からすると、至極当たり前の主張がされているのであって、自分の弱さと臆病が恥ずかしいのでありました

著者は、日本の原子力の黎明期から研究に携わり、その経験から原子力のある未来の危うさを早くから危惧していたのであります。


書評はおろか感想なるものも、ボクには荷が重いのでありまして、ましてや読む人それぞれに感じるものも違うでありましょうし、そういったものはAmazonででも読んでもらってということにして、ボクは自分の備忘として本文を記しておくということで…。


当時の私の考え及ばぬことだったが、政治的思惑ばかりが先行し、着実な技術的、科学的基盤がないという感じは、当時の現場の雰囲気として強く感じていた。結局、この政治性と技術的脆弱性が後に「もんじゅ」の事故をはじめとして広く国民の不信と不安を買う日本の原子力開発の問題点につながったのである。


~ 原子炉で中性子照射した二酸化ウラン(UO²)の中の放射性物質の挙動に関する研究が中心だった。~ それは、原子炉燃料の安全性の基本となるような研究だった。燃料内に生成した放射性物質が、可能な限り安定的に燃料棒内に閉じこめられていることが、原子炉の安全上の基本的条件だからである。

研究をやり始めて、私は少なからず驚いた。微量の放射性物質の実際の挙動というのは、当初私が学んで知識としてもっていたものよりも、はるかにはるかに複雑だった。さらに研究中に論文を調べて推測したようにも、なかなか振舞ってくれない。~ 実際の原子炉燃料のように、単結晶ではなく、粉末をセラミック状に焼き固めたような系では、事情はもっと複雑になる。

UO²燃料を実際に大量に使って商業発電をするまでには、もっともっと基礎的な研究が必要だ、と思った。


プルトニウムやプロトアクチニウムなどとなると、微量でも毒性は強く、ちょっとでも吸い込んだり手を汚したりしないように細心の注意が必要だが、これらのアルファ放射体は、ふつうのガイガーカウンターではなかなか検知しにくい。


1964年の初め頃と思う。ある会合で、「これ以上この仕事はやらないでよい」「君はこの結果を発表して目立ちたがっているのではないか」と上司から指摘された。~ 別の機会だったが、部長から二人きりの時に、「君の仕事は会社向きではないのではないか」と言われた。

私が興味を持ってやった仕事は、放射性物質の放出や汚染に関するものが多く、しかもその結果は、「放射性物質の挙動は複雑でわかっていないことが多い。もっともっと基礎の研究を固めなくては」というものだった。しかし、会社で期待されていた放射能の専門家としての役割は、一口に言えば、「放射能は安全に閉じこめられる」とか、「こうすれば放射能はうまく利用できる」ということを、外に向かって保証するというものだった。


熊本の水俣病の報道は早かったが、新潟の水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくなどの公害問題がこの頃次々と顕在化した。~ そして、それには、科学技術が深く関わっていた。とくに私にとって印象的だったのは、会社側が詳しいデータを隠し続けたことと、水俣など多くの公害の原因調査に関わった科学者が、一部の例外を除いて、風土病説やウィルス説などの仮説を立てて企業側を擁護しようとしたことだ。



多くの場所で罪のない多くの人たちが、とてもつらい惨めな思いをして、それでも権力の側にいる人間は、おそらく
「犠牲は必要だ」
くらいにしか思っていなかったんだろうし、今でもそれは変わっていないんじゃないかと思ってしまう。

そうしてきたのは、ボクたちなんだし無関心だった自分たちを棚に上げて、
「ぎゃーぎゃー」
言うのも、
「ちと虫が良すぎるんじゃないか?」
とも思うのであります。

ただ、知らされるべきものが知らされないままというのは、『裏切り』、『背信』以外の何物でもないわけで、これに怒りを隠す必要は全くないのであります。

「あとから後悔することだけはしたくない」
『その時』があれば、
「言うべきことは言う、すべきことをする」

それができなければ、悪いのは自分なのでありまして、それもせずに、
「悪いのは、わかろうとしないアイツだ」
では、やっぱり良くない。

それぞれでありますが、やれるだけのことは、やっとかないといけません。


少なからぬ誘惑もあった。~ ある原子力の業界紙の編集長兼発行人にあたる人がひょっこり訪ねて来た。~ とりあえず、3億円をすぐにでも使える金として ~。~ これは、彼らの側の私をとりこむための誘惑に違いなかった。それにしても、「一時金」が3億円とは!

3億円(現在だったら100億円くらいに相当しようか)という話は、後にも先にもこの時限りだが、もう少し少額の金のまつわる話はいくつかあった。

他にも、思いもかけず、私たちの身の上に降りかかり、今なお続いていることがある。嫌がらせ、いわゆるハラスメントである。~ ひとつはっきりしたことは、背景にある組織は全国規模のものだ、ということだった。

全国の反原発活動かが、嫌がらせの対象となった。彼らの行為には、郵便受けからの手紙類の窃盗、偽の印鑑などを使った有印私文書偽造など、明白な犯罪も含まれている。



まぁ、腹黒いやつは、どの時代になっても消えやしないのでありまして、結局それも必要とする人間がいるからであります。

それで、こっち側にいるのか、あっち側に行くのか、のハナシ。
正直、これは難しい選択を迫られる状況もあるんでしょうなぁ。

弱みを見透かされて足元を見られてはダメでありまして、一度はまりこんだら、あとは行くところまで行くことになってしまうのでありましょう。

「武士は喰わねど高楊枝」
「鷹は飢えても穂を摘まず」
「渇すれども盗泉の水を飲まず」

気骨のある科学者であります。


原子力のような中央集権型の巨大技術を国家や大企業がひとたび保有するならば、核兵器の保有とは別に、それ自体がエネルギー市場やエネルギー供給管理のうえで、大きな支配力、従って権力を保証する。

原子力には、放射能の生命と生態系への危険性、とりわけ原発の巨大事故のリスクの問題がある。~ 決してゼロにはできない破局的事故の可能性、それに絡むヒューマンエラーの可能性の問題が、原子力には凝縮した形で存在している。



『市民科学者として生きる』  高木仁三郎 著

市民科学者として生きる / 高木仁三郎 著



統計からみると、「現状に満足」している人は、1960年代頃から本質的に増えていないことだ。その頃からみるとエネルギー個人消費量は3倍にもなっていて、私たちは次々と開発される製品の”恩恵”に浴しているはずなのに、それは満足とは関係ないのである。



「必要だからモノが作られる、というよりも、必要になるモノを作る、極端な言い方をすると、モノを作って使わせる、的に世の中がなってきてるのかな?」
と思うことがあります。

思うに、もともと『道具』といわれるモノは、人がいろいろな意味で『豊か』に生きていけるようにあるもので、その『豊か』という言葉だけが、いつの間にか一人歩きをはじめて、知らないうちにその言葉に作り手も使い手も振り回されるようになってしまったんじゃないかと。

たとえば、
「車を使うのはなぜか?」
とか
「携帯電話はどうして必要か?」
「エアコンは?」

「ありがたい」
とか
「便利だ」
だとか、自分がそれを使うことの理由や、その必要性、そういったことを意識して使っているんだろうか?
ショップはそこら中に建ち並び、膨大な商品の数があって、たしかに、簡単に手にして使うことができる世の中はありがたいのではありますが、果たして
「これがないと生きていけません」
というものが、いまこの部屋を見回してみてもどれだけあるんだろう?

こんな話がありました。
夫が定年になり自給自足の田舎暮らしにあこがれて引っ越しした夫婦。
何度目かの冬、毎日薪割りをしている夫の身体を気遣って妻が石油ストーブを買った。
夫はその灯油代のために働くことになった。
これがホントの話なのかはわかりません。

でも、
「いつも携帯でメールしていないと不安で仕方がない」
とか、
「テレビがついていないと落ち着かない」
なんてことを聞くと、
「なんだかなぁ…」
なのであります。

便利になるってどういうことなんだろうと考えるときに、ふと、
「麻痺するってことなんじゃないか?」

今の世の中、まず最初にモノありきで、ヒトが先ではなくなってきている気がしているのであります。


「原子力発電所がなくなると生活が不便になります」
「そりゃ、困った」

…。

便利な生活というのは、自分や子供たちの健康や命よりも大切なのでありましょうや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=4635