モンキーポッド (8) ~ ハイドロカルチャーの肥料はどれが良いですか?

かれてなぁ~い


ぱっと見、どこがどう変わったということもなく・・・。

葉の色が濃くなったとか、細いながらも茎が固くなって木らしくなってきた、なんていうのは画像では伝わりません。


モンキーポッド3号・4号

モンキーポッド3号・4号

3号は子葉が落ちた。
「ほろり」と落ちるのであった。
4号の子葉はまだ落ちておりません。



モンキーポッド1号

モンキーポッド1号

ボリュームがないのは、持って生まれたものなのか?
同じモンキーポッドでも、大きくなる品種とそうでないのがあるのか?
何がどう違うんだろうねぇ。
全体に小さなまま、育っているのであった。



モンキーポッド2号

モンキーポッド2号

この2号だけじゃなくて、やっと次の葉が出てきたのであります。
2号が一番小さいのであった。



液肥はハイドロカルチャー用のものを使ってやった方が、藻が付きにくくて良いらしい。

それと、固形のものをそのまま使ってしまうと、強すぎて根を傷めて枯れてしまったりするらしい。


が、ハイドロカルチャー用の資材というのは、ホームセンターに行っても置いてないことが多い。

もちろん一般用でも大丈夫ですが、1回に与える量が少ないので、希釈するのに苦労します。
めんつゆじゃないけれど、『ストレートタイプ』というのもあるみたいだけど、割高。
大量に作り置きするわけにもゆかず・・・。
1リットル作っておいても、1ヶ月に1~2回程度、それも100~200ccってなると、
「これで何ヶ月分よ?」
「何鉢育てるよ?」
の世界であります(笑)


なことで、
「またまた通販か・・・」
というのもなんなので、
「たまには、あんまり行かないホームセンターに行こう」
てことで、行ったら、あった。

あれまぁ、ほこりを被って。


「ハイドロカルチャーって、メジャーじゃないんだ」
てか、自分で植えて育てるんじゃなくて、植えてあるの買ってくる?
で、水だけやってて、枯れちゃった・・・というのが、ありがちなパターン?
みたいな。

んなこたぁないか・・・。



液体肥料

液体肥料

ハイボネックスキュート ハイドロ・水栽培用(右)と希釈した液肥の入っている森永ケーキシロップが入っていた容器(左)
ケーキシロップの容器はとても具合が良い。
機械用油を入れるスポイト容器を買ってこようかとも思ったんだけど、ちょうど良いのを見つけたのでありました。
ちなみにハイボネックスは、ハイドロカルチャーだと水100mlに対して5ml(目盛り1/2)が目安。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバック URL : http://owlshouse.net/blog/wp/wp-trackback.php?p=6842